TEAM
チーム紹介

立教大学体育会水泳部

立教大学体育会水泳部は、1921年(大正10年)に創部され、2020年に100周年を迎える伝統のあるチームです。現在、競泳部門とシンクロ部門から構成されています。


●競泳部門:

2018年現在、男子20名(選手18名、マネージャ2名)、女子26名(選手15名、マネージャ11名)の総勢46名で活動し、1年間で最も重要な大会としている「関東学生選手権水泳競技大会」、及び「日本学生選手権水泳競技大会」に向けて、日々練習に取り組んでいます。




練習は、立教大学新座キャンパス内 50m × 10コースの国内最大級の公認室内温水プール「セントポールズ・アクアティックセンター:SPAC」を拠点としています。

用途に合わせてレイアウト(50m × 10コース、25m × 8コース[2面])の変更が可能です。日本水泳連盟より、競泳用の国内基準プールとして公認されており、他大学との対抗戦の会場として使用することも多くあります。恵まれた練習環境が我が部の魅力のひとつです。また、毎年8月に開催される「夏季短期水泳教室」も、このプールで行われています。



男子部員は、新座キャンパス近くにある合宿所「水交寮:埼玉県新座市野火止5-16-18(2016年竣工)」で合宿生活を送っています。十則を基に、規律ある生活を仲間と共に送ることでチーム力の向上を目指しています。いつも賑やかな合宿所です。

女子部員は実家からの通い、或いは一人暮らしなど様々ですが昨年より新座に体育会寮が開設され女子部員の希望者は体育会寮への入寮が出来ます。食事も希望者が朝夕食ととる事ができ、部屋もエアコン、バストイレ、ロッカー、勉強机等完備の素晴らしい寮です。(写真は男子部員の生活している「水交寮」)




シンクロ部門:

シンクロ部門は、2014年に活動を開始しました。現在男子1名、女子2名の総勢3名で活動しており競泳部門と同じく練習は「セントポールズ・アクアティックセンター:SPAC」を拠点としています。

毎年9月に行われる「日本学生選手権 マーメイドカップ」に向けて、少人数ながらも、更なるパフォーマンスの向上を目指し日々練習に励んでいます。





●立教記録-長水路:2018年9月現在

立教記録-長水路.pdf

●立教記録-短水路:2018年8月現在

立教記録-短水路.pdf


問合わせ

立教大学体育会水泳部のHPにアクセスして頂き、誠にありがとうございます。

詳細については、立教大学体育会水泳部まで直接電話

または下記メールアドレスへご連絡を頂くようお願いいたします。

info.rikkyoswim@gmail.com

お問合せ先:立教大学体育会水泳部、Tel & Fax:048-478-4912


アクセス
町田市立室内プール
東京都町田市図師町199−1
法政大学・多摩プール
東京都町田市相原町
横浜国際プール
神奈川県横浜市都筑区北山田7-3-1
相模原市立総合水泳場
神奈川県相模原市中央区横山5-11-1
東京辰巳国際水泳場
東京都江東区辰巳2-8-10
セントポールズ・アクアティックセンター:SPAC
埼玉県新座市北野1−2−26